傾斜型ベビーベッド・ベビーベッドバンパー 製造販売中止

傾斜型ベビーベッド・ベビーベッドバンパー 製造販売中止

お子さんの睡眠環境は安全ですか? さまざまな記事や専門家が繰り返し安全な睡眠環境が何より大事だと伝えています。 アメリカでは、乳幼児用傾斜型ベビーベッドと パッドの入ったベビーベッドバンパーの製造・販売が禁止になりました。 今日はこちらの情報について詳しく解説します。   バイデン大統領が署名 アメリカのバイデン大統領は、 寝台に10度以上の傾斜がついた1歳までの乳幼児用傾斜型ベビーベッドと パッドの入ったベビーベッドバンパー製造と販売を禁止し「乳幼児の安全な睡眠法」に署名しました。 (記事はこちら)...
添い乳ねんね卒業の仕方

添い乳ねんね卒業の仕方

添い乳ねんねをしていると夜中頻回に起きる! お子さまのママもぐっすり眠れていないなら、添い乳を卒業するのもおすすめです。   こんな時は添い乳ねんね卒業しよう 添い乳がしんどい ママが疲弊している ママが十分睡眠がとれていない 6か月以降でも夜間に頻回に起きている 1歳になっても夜通し寝ていない 子どもが日中眠そう   添い乳をしていても親子ともに十分睡眠がとれていてハッピーなら、そのまま続けて大丈夫です。     添い乳ねんね卒業の仕方   ① 安全な睡眠環境をつくる...
つらい!赤ちゃんの夜泣き5つの対策

つらい!赤ちゃんの夜泣き5つの対策

これで夜泣き改善!5つの対策 こどもの夜泣きにお悩みのママパパへ ちょっとしたことで改善することもあります。 5つの対策をご紹介します。   ① 生活リズムを整える 朝起きたら朝日を浴びましょう。朝日をしっかり浴びることで、夕方から夜にかけて睡眠ホルモンの分泌が多くなります。 そして寝る1時間前からは部屋を薄暗く、寝るときは部屋を真っ暗にします。 ② しっかりお昼寝をさせる どんな方法でもいいのでお昼寝をしっかりさせましょう。 抱っこ、添い寝、添い乳、授乳寝落ち、車の中、ベビーカー、なんでもOKです!...
気を付けて!「実は危険な寝床」

気を付けて!「実は危険な寝床」

皆さんのお子さんの寝床は安全な寝床ですか?何気なく作っている寝床が実は危険な寝床になっていることがあるんです! 危険な寝床は乳幼児突然死症候群の原因にもなり、とても危険です。NG寝床になっていた時は、すぐに改善していきましょう。 実は私も長男が生後7ヶ月ぐらいになるまで、ねんねに関しては全く無知だったので安全な睡眠環境のことでさえ知りませんでした。昔の写真を見ると、「危険な寝床!」と思ってひやひやすることがよくあります。 例えばこちらは長男が3カ月の時の写真・・・ この寝床のNGポイントは、  ...