お昼寝の整え方のポイント

お昼寝の整え方のポイント

「 昼寝って何回するのがいいのかな? 」 「 いつまでお昼寝って必要なの? 」 そんな風に思っていませんか? 実は、お子さんが生まれてからの最初の1年半で 昼寝のリズムには著しい変化があるんです! 変化を理解しておくだけで、とってもラクになりますよ!   昼寝の変化の流れ お昼寝の回数が変化するタイミングは大きく4つあります。 ポイント① 生後6ヶ月ごろ    日中の睡眠が1日3回に ポイント② 生後9ヶ月ごろ    日中の睡眠が1日2回に ポイント③ 1歳2ヶ月〜1歳半ごろ 日中の睡眠が1日1回に ポイント④...
添い乳ねんね卒業の仕方

添い乳ねんね卒業の仕方

添い乳ねんねをしていると夜中頻回に起きる! お子さまのママもぐっすり眠れていないなら、添い乳を卒業するのもおすすめです。   こんな時は添い乳ねんね卒業しよう 添い乳がしんどい ママが疲弊している ママが十分睡眠がとれていない 6か月以降でも夜間に頻回に起きている 1歳になっても夜通し寝ていない 子どもが日中眠そう   添い乳をしていても親子ともに十分睡眠がとれていてハッピーなら、そのまま続けて大丈夫です。     添い乳ねんね卒業の仕方   ① 安全な睡眠環境をつくる...
赤ちゃんの”活動時間”を知ろう!

赤ちゃんの”活動時間”を知ろう!

赤ちゃんが機嫌よく起きていられる時間=活動時間をご存知ですか?   活動時間を知っておくと、スケジュールがコントロールできて子育てがラクに楽しくなります!   赤ちゃんや子どもは疲れすぎるとストレスホルモンのコルチゾールが過剰に分泌され、 興奮状態になり、眠るのがより難しくなります。 その結果、ねんねトラブルが起きやすくなってしまうこともあるんです。   それでは、月齢別のベストな活動時間を知りましょう。   月齢別のアドバイス 【 0-1ヶ月:約40分 】...
ねんねトラブル!夜寝かしつけの後すぐに起きてしまうとき

ねんねトラブル!夜寝かしつけの後すぐに起きてしまうとき

夜やっと寝てくれたのに、1時間・2時間後にまた泣いて起きてしまう・・・もうなんで!!と悩んだことはありませんか? 睡眠環境や癖(おっぱい・抱っこ・とんとんで寝かしつけ)なども原因につながりますが、1つ大きな原因は「夕寝(昼寝)から起きて、就寝までの活動時間(=起きていられる時間)が長すぎる」ことです。 大人と違って、赤ちゃんや子どもは疲れすぎてしまうとなかなか寝つけなくなってしまいます。(または1,2分でコテッと寝てしまう。)。 寝床に入り、15-20分ぐらいで寝つくのが理想的です(30分の場合だってありますよ)...