「着せたらよく寝るようになりました!」
「神スリーパーです!」
とたくさんご好評をいただいている“愛波おくるみスリーパー”

この度、なんと、夏用愛波おくるみスリーパーが完成しました!

夏用おくるみスリーパー

愛波おくるみスリーパーの良い部分はそのままに、
日本の暑い夏でも快適な寝かしつけが出来るように生地、おくるみ部分に改良を加えた、
夏にぴったりのおくるみスリーパーです。

このスリーパーにはたくさんのこだわりを詰め込んで作りました!

 

涼しさへのこだわり①
清涼感を感じる生地

夏用おくるみスリーパーでは、天竺素材の生地を使っています。

薄手の生地で、編み方も温かみを与える毛羽を出来るだけ少なくする編み方をすることで、肌触りがさらっとした、涼しさを感じる生地になっています。

 

涼しさへのこだわり②
熱がこもらない工夫

おくるみスリーパーの一番の特徴であるテープ部分に改良を加えました。

夏用おくるみスリーパーでは、テープを分割し、テープの隙間から熱が放出されるように設計しています。

更に、テープを付ける部分も二分割し、熱と湿気がこもらないように工夫しました。

 

ぐっすりこだわりポイント①
ママの胎内を再現

生まれたての赤ちゃんはママの胎内にいたときのように、腕をギュッと固定してあげることで安心して寝てくれるようになります。

赤ちゃんは突然ビクッと動いてしまうモロー反射を起こすことがあります。
自分のカラダなのに、このモロー反射でびっくりして泣いて起きてしまうのは、ものすごくもったいない!

スリーパーについている羽の部分で赤ちゃんをキュッと包んであげることで、安心してぐっすり眠れるようになります。

 

 

ぐっすりこだわりポイント②
足が自由なので骨折や股関脱臼を防ぐ

足の部分はゆったりとした袋状になっています。

赤ちゃんはその中で足をばたばたと動かすことができるため、赤ちゃんの骨折や股関節脱臼を防止できます。

 

 

ぐっすりこだわりポイント③
着たままオムツ替えができる

上半身はおくるみで包んだまま、足の部分だけをファスナーであけることができるのでオムツ替えが簡単に行えます。

スリーパーからわざわざ出さなくてもOK!

 

ぐっすりこだわりポイント④
ファスナーが肌に当たらない優しい設計

首元のファスナー部分が肌に当たらないように、大き目のカバーで覆っています。
固い部分が肌に当たらない優しい設計です。

さらに、本体部分のファスナーも、赤ちゃんの肌への優しさにこだわりました。
ファスナー部分の下に布を一枚付けることで、ファスナー部分は赤ちゃんの肌に一切あたらない設計です。

さらに…

「パパやママにとってお手入れも楽であって欲しい!」

という想いから、乾きやすく、お急ぎの時には乾燥機に入れても縮みにくい商品を目指しました。
*乾燥機を使用する際には低温乾燥でご利用ください

試作品はめちゃくちゃ縮んでしまったので、作り直しました!

 

愛波おくるみスリーパーの使い方

服装と室温の目安

愛波ぐっすりパジャマ+夏用愛波おくるみスリーパーで寝る場合
室温は23〜25℃程度が目安です。
(大人が肌寒いと感じるくらいがちょうどいい室温です。)

 

おくるみスリーパーの着せ方

①愛波おくるみスリーパーを広げて置く。

②下側の袋に赤ちゃんの足を入れながらおくるみの羽の上端を肩に合わせて赤ちゃんをのせる。

③左側の羽を赤ちゃんの左腕の下に先にしっかりと巻きつける。このとき、下側の袋の上端と一緒に挟み込まれていることを確認する。

④右側の羽を左側に巻きつけ面ファスナーで固定する。

 

夏用おくるみスリーパー こだわりポイントまとめ

・安全な設計
・通気性があって涼しい
・肌に優しい
・お手入れがラク

にこだわって作りました!

こだわって作ったため、思い通りのものがなかなかできず、 時間がかかりました…!

そんな「夏用愛波おくるみスリーパー」はこちらからご購入いただけます。
ぜひあなたのお子さまに、また大切な方への贈りものに、お手にとってくださいね。

ぐっすり眠れる毎日をプレゼントしませんか?

 


 

【愛波子育てコミュニティ】

\ねんねの悩みは必ず改善します/
累計600名以上が参加している愛波子育てコミュニティでは
ねんね・子育てに関する質問会を行っています。
乳幼児睡眠コンサルタント・助産師・小児科医など
専門家が個別にアドバイスをします。
わたし、愛波 文もみなさまのご質問にお答えしますよ!

専用Facebookページで週5日質問会を行っていますので
困ったときに聞くことができる子育てのお守りとして
どんどん活用してくださいね。
▶︎ 詳細はこちら