セルフねんねを知っていますか?

お子さんはセルフねんねしていますか?

セルフねんねとは
ママ・パパ・保育者の存在なしで1人で寝ること
です!

このセルフねんねは 何ヶ月からでも、何歳からでも教えることが出来ます!

 

今回は1歳半〜5歳までのセルフねんねの始め方を
年齢別でご紹介します!

「うちの子はいまさら無理だから…」
と思い込まずに、まずはこの記事を読んでみてくださいね!
新生児〜1歳半まではこちらをご覧ください。

 

 

1歳半〜3歳

想像力・理解力・行動力が増してくる時期です。
視覚的に伝えたり、安心を感じてもらうのがポイントです!

 

ポイント① 境界線をはっきりする

まずは、1人にしても大丈夫な、安全な寝床を用意しましょう!

 

ポイント② ねんねチャートを使う

ねんねルーティンを 絵や写真を使ってチャートにしてあげるのもおすすめ!
目で見て理解できるので、すんなり寝てくれる効果も期待できます。

ねんねルーティーンの例

 

ポイント③ 「暗いのが怖い!」にはナイトライト

2歳ごろからは想像力が増してくる時期。

「暗いのが怖い!」と言われたら 天井の明かりをつけるのではなく、
足元をうっすらと照らす、 暖色系のナイトライトがおすすめです!

 

ポイント④ ねんねのおとも”ラビー”を渡す

ラビーとはいつも一緒に寝る「おとも」のこと。

これがあることで、パパ・ママ・保育者がいなくても
安心して眠るサポートができます!

愛波ラビーは綿100%の優しい素材でできているので、
お子さまに渡しても安心です!

 

 

4歳〜5歳

いろんなことが理解できる時期です。
ことばで伝えたり、心を満たすことがとても大事になってきます。

 

ポイント① ことばで伝える

この時期のお子さまには、 ねんねの大切さを言葉で伝えていきましょう!

「いっぱいねんねしたら体が大きくなるんだよ」
「ねんねしたら明日元気いっぱいに遊べるよ」

などの声かけがおすすめです!

 

ポイント② 寝るのを特別なことにする

寝る前のルーティンに毎日、
ママ・パパ・保育者との特別な時間をつくることで

「寝る」ことへの恐怖やもっと遊びたい!という願望を
和らげることができます。

 

ポイント③ ちょっと待っててねメソッド

寝床に一緒に行き

「ママちょっとトイレに行くから待っててね」 と伝えてトイレに行く

数分トイレで過ごし、必ず戻る!

次の日からは待ってもらう時間を少しずつ長くしていくことで
だんだん1人でも寝れるようになっていきます!

 

さいごに

いかがでしたか?

1歳半〜5歳でもセルフねんねを教えていくことは可能です!

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

1人で改善するのは不安という方は
ぜひ愛波子育てコミュニティでご相談ください。


 

【愛波子育てコミュニティ】

\ねんねの悩みは必ず改善します/
累計600名以上が参加している愛波子育てコミュニティでは
ねんね・子育てに関する質問会を行っています。
乳幼児睡眠コンサルタント・助産師・小児科医など
専門家が個別にアドバイスをします。
わたし、愛波 文もみなさまのご質問にお答えしますよ!

会員専用サイトで週5日質問会を行っていますので
困ったときに聞くことができる子育てのお守りとして
どんどん活用してくださいね。
▶︎ 詳細はこちら